窓を断熱してエコ

冷房や暖房を強めに設定しても、全然エアコンが効かない…なんていうオフィスや建物の悩み、解決策は窓にあるかもしれません。

実は建物で熱が出て行く・入ってくるのが一番多い場所は窓なんです。
冬場に建物から出て行く熱の約半分は窓やドア、夏場に外から入ってくる熱は、実に約7割が窓やドアからのものと言われています。
つまり窓の断熱効果を上げることで、冷暖房の設定を強くしなくても済み、電気代のコスト削減や省エネにつながるのです。

窓の断熱効果を上げる方法は、ガラスで断熱するペアガラスや真空ガラスという方法と、樹脂製の断熱サッシを取り付ける方法があります。
ペアガラスはガラスを二枚並べて間に空気の層を作ることで、熱の移動を防ぐことができます。

真空ガラスはガラスの間を真空にしているものです。1枚のガラスと比べて断熱効果は40~60%もアップすると言われています。
ペアガラスに紫外線カット効果を持つガラスを使うことで、さらに効果はアップします。
窓が西日の側に向いている場合は、特に有効です。

断熱サッシを取り付ける方法は、窓の内側にサッシを取り付けてペアガラスと同じように空気の層を作り、断熱効果を高めます。この方法は機密性が高いため、防音の性能も高まるというメリットもあります。

屋根・壁を断熱する

窓ほどではないとはいえ、屋根や壁からも熱は出入りします。屋根や壁の断熱は建材による部分も大きいですが、後から施行できる断熱塗料を活用するとより断熱効果をアップさせることができます。
塗料は建物の外側にも内側にも使用でき、建材よりも隙間なく使えるので、機密性という意味でも断熱効果を増します。

結露を防いだり、カビを防いだりする効果を併せ持つ塗料もあるので、断熱方法のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。