機械を選ぶポイント

機械を選ぶ際にポイントとなるのは、当然ながら性能です。性能はCPUで差が出ることは前述の通りですが、私が営業としていろいろな企業を回っていた際、こんなことがありました。

「申し訳ないけど、うちは導入したばかりなんですよ」

「あ、そうなんですか。ちなみにどちらの製品ですか?」

「○○○○っていうところなんだけど、知ってます?」

「知ってますよ。ちょっと見せてもらってもいいですか?」

見せてもらったのは某社製品。CPUを外部で作っているものでした。

「ちなみにCPUとか説明は聞きました?」

「CPU?」

やっぱり…というわけで、ちょっと開けて中を確認してみました。

「このブレーカーのCPUは町工場で作っているレベルですね。性能的にはちょっと…」

話を聞いた担当の方は驚いて、CPUの性能や機械について聞いてきました。最終的には導入した以上しばらく使っていくということになりましたが、しょんぼり顔に私が申し訳なく思ってしまったくらいです。機械選びは慎重に、何社かを比べてみないといけませんね。

業者選びのポイント

業者を選ぶポイントとしては、悪質な会社に引っかからないこと。今はネットで調べるといろいろな評判を見れますが、詐欺まがいの会社も残念なことに存在します。

信頼できる製品を作っているかどうかは、ブレーカー以外にも広く使われている製品を持っているというのも目安です。ISOを取得していたり、保証やサポートの体制が整っていることも信用できる要素になります。

あとは人。営業が強引だったり質問にしっかりとした答えを返せないような業者は当然ダメです。契約の際にも、保険・保守についてアフターフォローがあることを確認しましょう。